SC写真館

p096[1].jpg

左から、初出演で検事役の杉田大吾君と、これまた初出演で、被告役の三枝ゆきのちゃんです。ゆきのちゃんは芝居のほかに、ナンバー1ダンサーという役回り。彼女はずっとクラシックバレエをやってたんだけど、やっぱりバレエとジャズは、同じダンスといっても全く違うものらしく、色っぽくてやわらかい身体のラインや、誘うような視線がなかなかうまく出せずに苦労してました。でも、本番はとっても美しかったよ!ゆきのちゃん!

img

▲このページのTOPへ

連載モノ

連載小説
以前連載していた携帯小説「14番目の月」を無料で購読できます。
日記
夢野さくらのブログ。
日常生活が覗けちゃう・・・かも
稽古場日誌
この公演はいかにして創られたのか!
稽古風景をちょっとだけ紹介しちゃいます。
 All written by: 夢野さくら